2009年7月22日水曜日

皆既日食

みんな、久しぶりです

世の学生はただ今前期試験という名の怪物に追われてます。

早速俺は前期試験の戦死者となりました。

早く試験終わってほしい


さて、今日は日本各地で日食が見られましたね

特に皆既日食、我が国日本では46年ぶりです

あいにく東京は曇りで太陽など見られなかった。

が、大学の友人は試験の後に学部棟を出たところ部分日食を見ることができたという。


ぶっちゃけ俺は日食なんて興味もないし曇りだから見られるわけがないとと言ってたが正直今になってみると少し後悔している。

やはり少しでも見ておくべきだったのかと

日本でも何十年に一度としか見れないものを見ないというのは正直言えば損であろう。


今夜、俺はNHKの特番で皆既日食の様子を見た。

太陽が月の影に完全に入った時、そこに広がる暗闇、そして水平線上に広がる夕焼けのような赤い光と漆黒の太陽、そしてその時に見られる黒い太陽を囲む白いコロナ

それはまさに神秘的なものだ

小さなTVのブラウン管越しに見た俺も言葉を失い、ただその画面の日食を見ていた。

曇っていても、そして完全でなくとも、その神秘を自らの目で見ておくべきだった。


さて今回、最も長くみられるはずだったトカラ列島の悪石島、あいにくにも暴風雨で見られなかった

しかしながらそれでも日食を感ずることができたと言っていた人もいる

彼らも見ることはできなくとも太陽が隠れた時の暗闇という日食を感じるという良い経験をしたのであろう。


東京でも若干太陽が欠けて見えたらしい

そういえば昔、小学生の時にハンディサイズの天文学の図鑑を買ってもらったことがある。

当時の俺はそれを夢中で読んでいた。

かつて俺はしし座流星群を見たことがある

まだその感激は残ってる

また、その天文学の本を読んでから俺は自然や天文が好きになった。

今は完全に文系だけど。


自然には人を引き付ける何かがあるのだろう。

おそらくそれは太陽が地上の全ての生命をはぐくむからなのか

太陽には感謝すべきである。


多くの人は皆既日食を見て人生観、価値観が変わったという。

俺も今回の中継で考えた

大学に入学してから時間を無駄遣いしてきたのではないか

ぶっちゃけ大学生活は充実してるが、俺はその流れに呑み込まれてしまって上手くコントロールできなかったかもしれない。

4年間は長いようで一瞬だ

俺はその4年間を無為にしたくない。

さて、今度日本で皆既日食が見られるのは26年後、2035年だ。

多分俺はこのころには結婚して既に子供を持ち、自分の家族をなしているのだろう。

その時は必ず、我が子にも皆既日食を自らの目で見せたいものだ。

そして俺も自らの目でその神秘を見てみたいものである。

0 件のコメント:

コメントを投稿