2010年5月1日土曜日

何気なく使ってたけど使わないようにしたい言葉

おはようございます、さて、4月も終わり、新年度を迎えて早1カ月が過ぎました。

新歓活動も今日明日の合宿をもって終わり、ひと段落できそうです。

そして教習所も後は自由経路とみきわめ、学科を残すばかりです(最後の壁は時間と学科の壁ですよね/笑)

4月から始めた学内でのバイトにもなじんできて、5月からは本格的になりそうです。

さて、タイトル本題に入ります。

「とりあえず」という言葉があります。

これはどこか無駄があるというか、「もったいない」という感じ、優柔不断な感じがします。

大前研一曰く、

よく「とりあえずビール」とオーダーする人を見かける。50歳になり、最後の瞬間に「ああ、オレの人生は幸せだった」と締めくくりたいと思っているなら、「とりあえず」の時間をつくってはいけない。
(twitterより)

とのことです。

俺自身、自分が人生でなしたい事(例えば起業etc...)や大学生活でやりたい事もたくさんあり、そして一度きりの人生だから大願をなして人生を全うしたいのです。

人生を全うし、そして最後に「ああ、俺の人生は最高だった」と言いたいのです。

よくよく振り返ってみれば、俺自身、知らず知らずのうちに「とりあえず」という言葉を発してる事に気がつきました。(例えば学食でのオーダーやバイトのまかないで何を選ぶかなど)

そして時々公開する事もあることに思い当りました。

大前さんのこの言葉にはどこか身につまされそうです。

なしたい事をなすには、「とりあえず」の時間、そして言葉を使ってはいけないのですね。


よし、これからは「とりあえず」という言葉は使わない、そしてその時間を生まない事にしよう。

そして何かを決める時(それが学食でのメニュー決めのような些細な、つまらない事であっても)、「とりあえず」という優柔不断であいまいな決め方でなく、ビシッと、「よしっ、これで決めた」という気概で決められる、そういう決断力をもって行動しよう。

と、言うワケで今日も授業で大学行ってきます、合宿は午後から出発なので授業の後からその流れで行きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿