2011年1月18日火曜日

プレゼン

こんばんは、試験にビビる勝又です。

まあ試験はもうラス2ですがね。

さて、去ること昨日17日、今期最後のゼミでITセンターに対してのプレゼンテーションが実施されました。

9月に始まったぜみで、2つのグループに分かれてのサブゼミ(本ゼミではC言語によるプログラミングの基礎学習がメイン)での、「中大に新たに構築するシステムの考案」というテーマでのプロジェクト。

プランが固まらずに迷走したりメンバーと摩擦を起こしかけたり…と紆余曲折ありましたが、無事、プランも完成して、プレゼンも成功させることができました。

私のチームでのテーマは「中央大学に電子マネーシステムを導入させる」というテーマでのプロジェクト。

事例研究から導入するシステムの構想と運用場所の検討などを固め、さらに中大の現状をもとにプレゼンテーションを行いました。

ちなみにもうひとつのグループのプロジェクトは「中央大学で授業の休講情報のアラートメールを携帯電話に配信する」という内容のものでこちらもしっかりとまとまっていました。

まあプレゼン、多少の緊張はしましたが終わったときにはやりきった感充実でした。

プレゼンのあとでも3年の先輩やITセンターの方からもフィードバックをもらうことができ、新たな発見につながるものもありました。

新たな学内メールシステムや中大独自の電子書籍サイトなどの取組も聴くことができ、興味をもつきっかけもでき、私のやる気にも火が着きました。

あと感じたのは、自分の能力不足。

まだまだ自分のプレゼンテーション能力が足りないこと。原稿の棒読みにならずに言いたいことをはっきりと、分かりやすく、簡潔に伝えられるか。これがミソではないかと。

他にも電子マネーだったり情報リテラシーだったり電子書籍だったり、とまだまだ知識も足りないし能力もない事を実感。無論の事、自分も知識面や技術面で、いつゼミのメンバーに追い抜かれるかはわからない。そのためにも日々勉強。

あとゼミの原則はチームプレー。これにつきます。

そして、プレゼンのあとはゼミのメンバーで集まり多摩センターで打ち上げ飲み会。

飲み会を通して感じたことといえば改めてゼミメンバーにも恵まれたとしみじみ実感。

プレゼンを振り返っても始まった当初に比べればかなり変わったんじゃないかとも思います。

次のゼミは3年になってからですね。

支離滅裂とはいえ今回のプレゼンを通してのゼミ振り返りです。

気に入ったらクリックして投票!!


ダイナミックな人生を生きる方法無料ダウンロードプレゼント

0 件のコメント:

コメントを投稿